コラム

こうして強権(狂犬)的なボスは誕生する・・・


前回の日大アメフト部の悪質タックル問題にもつながるが、他人から見ればどうしてもおかしい「強権的な体制がなぜできてしまうのか?」、また、「人々はなぜなすすべもなく従ってしまうのか?」について、弊社が得意とするプロセスの観点から考えてみたい。


プロセス(1) 経営の立場になると、自分のマネジメントする体制を固める必要性を感じるようになる。

(最初は様々な人の意見も聞こうとするのだが、何回説明しても変わらない分からず屋や、反対する人間が多いと説得に手間と時間がかかり、段々嫌になってくる)


プロセス(2) そこで、自分の意(経営哲学)を理解し、素直に実践してくれる部下を選ぶ人事を行うようになる。

(ここまでは組織文化の形成や経営の安定化という意味で普通であり、決して否定されるものではない)


プロセス(3) こうした人事で自分の意にそう人を集めて、自分好みの体制ができてくると心地よくなってくる。

(誰も文句を言わないので会議などの進行が楽になり、そうこうするうちに味をしめイエスマンばかりを集めるようになる)


プロセス(4) 自分をチヤホヤほめる人が増え、悪い情報が聞こえなくなって、もっともっと気持ちよい環境になってくる。

(組織もうまく回っているように“本人には見える”。人が従う快感 ~ うまくいっているという満足感 ~ 自分は優秀だという万能感)


プロセス(5) 大の大人が子供のようにハイハイいうことを聞いてくれ、自分の嫌いな人間を簡単に排除できるので、権力を行使することが益々楽しくなる。

(人事権を行使することは、“大人のおもちゃ”のようなものだという例えがある)


プロセス(6) 強権を行使し続けることで、取り巻きや部下たちはモノを言わなくなり、ついに強権的なボス = 帝国の誕生!

(たまに正義感や勇気のある人が諫言を呈すると、ボスが狂犬のように吠え、人事面でも見せしめのように無視・冷遇・左遷されるので、怖くて誰もモノを言わなくなる)


プロセス(7) その裏で当然本音では、人々の不満はつのり士気も下がる。徐々にだが組織(帝国)が崩壊し始め、緩慢な後退(業績ダウン)のプロセスを辿るようになる。

(こうなると、真面目にやっても仕方がない。間違っていてもその指示に従わないと痛い目にあう。取り巻きや従順な?部下もボスと同じようなやり方を真似て下には強権ぶる反面、上の顔色ばかりをうかがいやるべきことをやらなくなるので、業績が下降線をたどるのは自然の理。ただし、惰性力がありすぐには落ちないので不遜な行動が蔓延、慢心が闊歩する)


このようなパターンをたどっておかしくなった組織のいかに多いことか。
一度経験していないと、必ずそうなるといっても過言ではない法則とも言えるもので、人間の本性に目指したプロセスといえる・・・


(2018年12月25日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2019 Flecrea All rights reserved.