コラム

企業変革の8つのプロセス(上)


「この会社は変革が必要だ」。経営会議から飲み会まで様々な場所で、組織の将来を憂う社員がよく口にする言葉ですが、取り組んだことのある人はよくわかるように、実際の変革は本当に難しいものです。

「総論賛成・各論反対」「面従腹背」。慣れ親しんだやり方を変えることへの抵抗は、人の本性とも言えるもの。そのことを改めて痛感させられます。

新規事業開発や新たなマネジメント手法は言わずもがな。新しいITツールを導入するだけでも、すんなりいくことはまずありません。


何事にもプロセスがありますが、企業変革もしかり。ジョン・コッターが書いた『企業変革力』という本に、実は「8段階の変革プロセス」というものがまとめられています。図にまとめてみましたので、参照しながら読んでください。


(図)8段階の変革プロセス

 (図)8段階の変革プロセス

企業変革の8プロセスはこうです。①危機意識を高める → ②変革ための連帯チームをつくる → ③進むべき方向(ゴール)を示す → ④変革ビジョンを周知徹底する → ⑤社員のやる気を削ぐ阻害要因を取り除く → ⑥小さな成果を生み出す → ⑦小さな成功を活かして、さらに変革を進める → ⑧最後に、企業文化に定着させる

一つひとつのプロセスは奥深く、抽象化しすぎるとその真意が伝わりにくいので、少し長めですがエッセンスを凝縮して補足します。

尚、○は段階を進めるために必要なアクション、×はやってはいけないことを表します。


①危機意識を高める

(現状に満足せず緊張感を与える)

×現状満足が蔓延している時には、人は変革に本気で取り組まない。

現状満足が生まれる原因を取り除く:

(1)目に見える危機状況の欠如 (2)贅沢なオフィスや福利厚生

(3)自分に都合のよい業績評価基準 (4)部門の目標達成しか関心がない

(5)目標設定が低く不適切 (6)顧客の不満が耳に入らない

(7)正しい行動をとる人間を疎んじる (8)悪い情報は無視

(9)全てうまくいっていると思い込む


②変革ための連帯チームをつくる

(強力な連帯チームの存在が不可欠)

× 変革は一人の強力なリーダーシップを持った人間だけで

もたらされるものではない。

× 経営幹部が変革や連帯チームの必要性を心底納得していないと失敗する。

強力な連帯チームの存在が不可欠:

適切なメンバー選定の重要性

→ 社内政治力を備えた重要人物 + 皆が認めるエース級のできる社員 +

変化対応のリーダーシップ + 必要な専門性

○部門間の部分最適を超えた全社的な目的と信頼関係の構築


③進むべき方向(ゴール)を示す

(実現可能な将来像をわかりやすくはっきり示す。)

× おそまつなビジョンは、ビジョンがない場合よりも悪影響を及ぼす。

○ 将来像をわかりやすくはっきりと示すビジョンと、そのゴールに達する

ための戦略が、1~2ページの文書にまとめられている。

○ すぐれたビジョンの特徴:

見やすい、長期的な利益貢献、実現可能、5分で説明可能


④変革ビジョンを周知徹底する

(伝えやすさ、多様なコミュニケーション、言行不一致を無くす)

× 変革を妨げる最大の要因は、経営幹部の言行不一致

○ ビジョンは多くの人に伝達しやすいように本質的、直感的、簡潔に。

○ ビジョンは数多くの方法を通じて、繰り返し伝えられ、双方向の

コミュニケーションが成立する時に最も効果的に伝わる。(周知徹底)


コラムとしては長くなってしまうので、切りが悪いかもしれませんが、今回はここで止めておきます。変革プロセス⑤社員のやる気を削ぐ阻害要因を取り除く以降については、次回また改めて説明します。


(2016年11月14日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.