コラム

営業の課題20 (8月28日セミナーアンケート結果①)


2013年8月28日に開催した弊社主催のセミナーで、営業の課題についてのアンケートを行いました。結果を「よくある営業の課題20」としてまとめましたので、参考までに紹介します。


(よくある営業の課題20)


よくある営業の課題20

1〜3位は、「11.新規顧客開拓を強化したい」「3.属人化している営業ノウハウの共有化」「7.結果を出すためのプロセス標準化」。

続く4位が同数で「1.営業の実態や案件の進捗が見えない」「5.営業効率化・生産性向上」「9.分業やチーム営業による組織力強化・負荷軽減」「17.顧客のセグメンテーションによる戦略営業の実現」が並びました。

その後、一票差で「2.精神論・根性論から科学的営業への転換」「4.マネージャ・営業員の底上げ」「6.人財育成の基本の型がない」が同数の8位となりました。


以上が営業の課題20におけるトップ10です。


意外に感じたのは1位の「11.新規顧客開拓を強化したい」です。業績の継続的改善は企業である限り、永遠の経営課題ですが、従来の既存顧客との取引だけでは限界に来ており、新規顧客開拓の必要性が高まっていることが背景として推測されます。


「17.顧客のセグメンテーションによる戦略営業の実現」もこれに関連しています。通常営業担当者は行きやすい既存顧客のところに足を運びがちですが、業績を伸ばすためには、現在はまだ取引はないが将来的に業績改善に貢献してくれそうな新規顧客を積極的に攻めることが求められます。経営者や営業部門の幹部クラスはそう考えていますが、実際はできていないというお悩みです。この点については後日、別コラム「(仮)顧客のセグメンテーション」で解説する予定です。


(2013年9月15日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.