コラム

データ入力について(3)


入力に関する注意点が一つあります。

私の提唱するプロセス評価では、入力をしていないと、結果が出ていない途中の仕事は原則評価シートに反映されません。評価の時期になってようやく思い出す社員もいるのですが、入力を徹底させる手立てを打っていない場合、評価の時期になって揉めるケースがあります。


ある会社では、標準プロセスを評価用のソフトウエアに入力していない場合、いくらがんばって仕事をしていても、そのプロセスは評価しないというルールを徹底していました。ところが、途中入社の営業員がプロセス評価のルールをよく理解していなかったため、入力を行っていないことが判明しました。


彼は普段から懸命に仕事をしていることを皆知っていたので、このケースでは特別に別途定性評価で補てんすることで解決されました。しかし、本来ルール通りであればその間のプロセスはまったく評価されず、彼の努力は無駄になるところだったのです。このようなことは実際に起こりうるので、入力の周知徹底は怠らないようにしてください。

(2010年5月14日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.