コラム

できる人 vs できない人 その差はどこに?


前回「評価されるプロセス 評価されないプロセス」について説明をしました。ただし、ここで注意したいのは「評価されるプロセス」の中にも、集中してやるべきことと、できるだけ人にまかせた方がいいことがあり、それを明確にしてメリハリをつけて行っていく必要があるということです。

標準プロセスは一つひとつが重要であり、どれか一つが欠けても仕事はうまくいきません。従って、標準プロセスを行うのは決して間違いではありません。しかし、仕事の目的はあくまでも成果を効率的に上げることですから、そのために有効なプロセスにより集中することが大事になるのです。


図は、ある営業活動の各プロセスにかける時間を棒グラフで表示したものです。横軸に標準プロセス、縦軸に各プロセスに費やした時間を表しています。また、上は仕事ができる人(Aさん)のデータで、下はできない人(Bさん・業績が伸びず悩んでいる人)のデータとなっています。


”「やるべきこと・人にまかせること」”

2人を比べてみると、

Aさんは、「ヒアリング」「提案」「交渉」に時間をかけている

Bさんは、「提案作成」「クレーム対応」に時間をかけすぎている

ということがわかります。


提案作成やクレーム対応も必要なプロセスには違いないのですが、Bさんはそこに時間をかけ過ぎて、ヒアリングや提案、交渉という、本来、営業成績を上げるために行うべき、より重要なプロセスが手薄になってしまっているわけです。

このような場合、上司がBさんに、Aさんのデータを見せながら、もっと成績を上げるために、力を入れるべきプロセスとそうでないプロセスを示して指導します。こうした継続的なコーチングを、評価面談の時だけでなく日々のコミュニケーションを通して行っていくことで営業のやり方の改善が図れます。

このようにして、会社が標準プロセスを決めた後、さらに、「やるべきこと(集中すべきこと)」「人にまかせること(必要最小限やること)」を明確にして指導していけば、営業員たちが各人の思い込みで無駄な仕事をすることが少なくなってくるのです。

(2009年11月27日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.