コラム

評価されるプロセス・評価されないプロセス


誤解を招かないように、プロセス評価におけるプロセスの意味について補足しておきましょう。「プロセス」とは、あくまで、「業績アップや業務効率改善につながると会社が認めた“標準プロセス”」のことで、これが「プロセス評価」の対象になります。

一方、各社員が自分勝手に、「自分はがんばっていると考えているだけで、会社が認めていないプロセス」は評価の対象にはなりません。

これまでは、ほとんどの会社が標準プロセスを定めず、社員の属人的なやり方に任せていました。結果に結びつくプロセスが明確にされていないため、社員も仕方なく、自分なりに考えて良かれと思ってそれぞれの仕事をしていたのです。そう考えると、自分勝手という表現は適当ではなく、しっかりとしたプロセス設計のない状況ではそうなるのもやむを得なかったと言えます。


フリクレアでは、

評価されるプロセス  … ○ 会社が認めた標準プロセス

評価されないプロセス  … × 会社が奨励していないプロセス

と定義しています。


 「プロセスが大事?」

(2009年10月26日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.