コラム

プロセスを語るのは10年早い!


私は1980年代半ばにある大手商社の営業部に入社しました。その当時は「営業はまず結果を出せ。結果を出さないやつはものをいう資格がない。プロセスを語るなど10年早い!」といったふうに教えられました。

それに対し、私自身は「結果がすべてで途中のプロセスは問わない(何をやってもかまわない)という、個々の社員まかせのやり方でいいのだろうか?もっと、みんなで勝ちパターンや負けパターンを分析し、ノウハウを共有しながら改善していくべきだ。そうでなければ、同じような過ちを繰り返すばかりで進歩がないではないか」という素朴な疑問をもっていました。

しかし、先輩にそんな疑問をぶつけてもきちんと答えてくれません。何となくうやむやにされてしまい、そのうち私も「世の中って、仕事ってこんなものかな……?」と、周りに流されるようになっていったのでした。

(2009年9月11日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.