コラム

悪いのは成果主義?


このままだと成果主義は犯人扱いされ、一時のはやりとして葬り去られかねない状況ですが、成果主義自体がいけないのでしょうか?

今後、成果主義に代わる新しい評価主義や制度が出てくるのかもしれませんが、成果主義のどこが悪いのか検証して本質的な問題を明らかにし、改善していかないかぎり、また同じことを繰り返してしまうことが心配です。評価制度は所詮ツールにすぎないので、次々と名前の新しいツールに頼るだけでは、それがどんなにいいものであったとしても、うまくいくはずがないのです。

成果主義の裏にある真の問題には、二つの側面があります。一つの側面は、目的、設計、運用、負荷の問題です。そしてより重要なのが、もう一つの側面である実態、すなわち“評価に対する企業の文化や土壌(組織文化)”の問題です。評価問題の本質を突きつめていくと、イエスマン人事に代表される好き嫌いに基づく「主観主義」、不公平な運用とプロセス無視による「結果主義」、そして人事評価の軽視・無視・実質的な不在である「人事評価制度の形骸化」に行きつくのです。

(2008年10月31日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.