コラム

問題は主観による評価


成果主義の崩壊云々と様々な意見がかまびすしいですが、成果主義自体は評価ツールの問題です。年功序列にせよ、成果主義にせよ、しょせんは評価手法という表面的な問題にすぎないのです。

原因は実は別なところにあります。それは、『イエスマン人事』に代表される「主観による評価」です。

これまでの古い評価方法は、「上司の好き嫌いという主観による評価に頼りすぎていた」という本質に目を向けなければ、抜本的な改善にはつながりません。

表面的には成果主義で公平に評価すると言いながら、実態は相変わらず上司の好き嫌いで人事評価を行っています。これは、日本的な評価の本質的な部分が年功序列の時代から変わっていないという問題を示しているのです。

(2009年2月6日)

関連カテゴリ:
コラム
このページのTOPへ
サービス内容/ (プロセスの見える化)/ (プロセス評価・人事評価)/ (その他サービス 経営課題の解決)/
新着情報/ 会社情報/ 代表者から/ コラム/ 事例紹介/ ちょっとひと息/ お問合せ/ Q&A

-- できる営業の勝ちパターンを見える化して業績アップ。プロセスの見える化と
プロセス評価をセットにした“ プロセス主義® ”のコンサルティングを行う会社です --

(コンサルティングサービス内容)
  • ①プロセスの見える化: 成果につながるプロセスを標準化・見える化します。
  • ②プロセス評価: ポスト成果主義としてプロセス主義®を提案します。
  • ③その他:業績アップ、新規事業強化、営業力強化、生産性向上、業務プロセス改善、残業削減、タイムマネジメントetc プロセスの視点からお悩みの経営課題を解決します。
Copyright(C)2008-2018 Flecrea All rights reserved.